FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子辞書-3.「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール

 ロケール変更ソフトのダウンロードとインストールです。これをしないと「迅雷」が使えません。

ロケールを変更するソフトは「Microsoft AppLocale Utility」です。
まずはこのユーティリティをマイクロソフトからダウンロードしてインストールします。

ダウンロードページ(http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=8C4E8E0D-45D1-4D9B-B7C0-8430C1AC89AB&displayLang=ja)を開きます。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール1

「ダウンロード」ボタンを押すと「apploc.msi」というファイルが保存されます。
保存されたら早速実行します。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール2

「実行」ボタンを押します。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール3

Wizardが動き出します。ここからはいきなり英語ですがかまわず「Next >」ボタンを押して進めます。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール4

ライセンスの同意確認画面ですので、「I Agree」を選択し、「Next >」ボタンを押して進めます。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール5

インストールが開始されます。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール6

インストールが終わると、このツールの説明文書(Readmeファイル)が表示されます。

「Microsoft AppLocale Utility」のダウンロードとインストール7

「Close」ボタンを押すとインストール完了です。

 なお、色々と他の方のホームページを参考にしていると、このツールには若干バグのようなものがあり、C:\WINDOWS\AppPatchの下に「AppLoc.tmp」というファイルを中身を空にして保存し、ReadOnlyにしなければならないとのことでした。このファイルは一度でも実行すると勝手に作られるファイルのようです。

 私の場合実害はなかったのですが、実行したあとで、C:\WINDOWS\AppPatchの下の「AppLoc.tmp」を開いて、中身を削除して保存。さらにファイルの属性をReadOnlyにしてきました。

theme : 中国語
genre : 趣味・実用

comment

Secret

検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ウェザーニュース
Wether News
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。